スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの配置(デザイン)の理由付け


ブログの引越しがひと段落ついた。

それで今回、引越しついでにブロガーのカスタマイズをしたのだけど、カスタマイズの参考にさせていただいたあるページに「キッチリと構成されたサイトは全てのコンテンツ配置(デザイン)に理由付けができるハズ」と書いてあった。

結局のところ趣味なんだから好きにすればいいんだけど、自分なりに考えて配置しているのだから一度纏めてみたい。



1カラムから2カラムへ
以前は1カラムばかり使っていたのですが、現状ワイド画面が一般的になった以上、いつまでも1カラムだと左右の余白が大きすぎるので2カラムへと変更。またレスポンシブだからサイドバーの部分はメインの記事の下に周りこむしね。


サイトバーに過去記事のサムネイル表示
今まで知らなかったミュージシャンに関心が向いて欲しいのでアルバム・ジャケットとタイトルのみの表示。


メインコンテンツ
これは以前の500pxを590pxに拡幅。ワイド画面が一般的になったのもありますが、記事によっては英文、訳文に折り返しが発生していたので少し拡幅。


カテゴリー一覧、検索窓、アーカイブの廃止
ブログと言えばカテゴリー一覧、検索窓、アーカイブがサイドバーに表示されていますがどうも好きになれません。理由としては常にメインページに表示する理由が思い当たらないからです。検索窓にしても全ての記事がカテゴリー、タグ、ラベルのいずれかで分類されていれば使うこともないので削除。

アーカイブに至っては日記とかのブログなら日付順に読むのもある意味有用だと思うのですが、基本ひとつの記事にひとつのカテゴリー、タグ、ラベルが付く歌詞の訳詩サイトでは意味がないので廃止。もし日数を空けてそのブログに訪れたにしても、更新順にページを何ページか辿ればそれで済みますからね。もし日付順に閲覧することに意味を持たせるとすれば訳者の英語能力の変化が楽しめるということでしょうか?


カテゴリー、タグ、ラベルも記事の末尾へ移動。
多くの人の場合、記事を読んでから他の記事に移動するでしょうからカテゴリー、タグ、ラベルを記事の先頭から末尾に配置。


外部リンクにアイコンの表示
見ただけで判断しやすいように外部リンクの横にアイコンを表示。


スマホでクリックしやすいようにカテゴリー、タグ、ラベルの拡大


あとは今回のテンプレートをPCとスマホで共用する為に、出来るだけ表示するものを簡略化したかったというのもあります。その為、各記事に埋め込む動画も2つくらいに減らし、画像の容量も最適化してみました。


ブログ全体、Youtubeのレスポンシブ化
最小サイズは320×480に調整。一応トップとフッターにメニューを表示しときましたのでスクロールは最小で移動できると思います。


一応、そんなところでしょうか?





コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。