スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーフライ


監督バーベット・シュローダー/脚本チャールズ・ブコウスキー/1987年/101分

ミッキー・ロークの代表作を挙げろと言われたら、おれなら「バーフライ」。
タイトルは「バーの常連客」っていう意味だけど、内容は作家チャールズ・ブコウスキーの自伝的なもの。だから脚本もブコウスキーが書いてる。

ブコウスキーの本で有名なのってったら「町で一番の美女」だけど、ちょっと女の人には勧めにくい内容の本。(でも、おもしろいから読んでみたら良いよ)だからこれもそうなのかって言うと、そうじゃない。

内容は、漂うように生きたいヘンリー(ミッキー・ローク)と、いろんなことに幻滅を感じながらも日々を送っているワンダ(フェイ・ダナウェイ)が、お酒を通して気持ちを重ねていくって映画・・・なんだけど、ヘンリーの行動を%で書くと

酒飲んでる 51%
女といちゃついてる 12%
喧嘩している 4%
ぶらぶら歩いてる 7%
作家らしいことしてる 14%
頭カチ割られて血流してる 1%
誰かと話してる(手にグラス持ってない状態) 9%
女同士がヘンリーを取り合う 2%

そんな感じだから「気持ちを重ねてるシーン」より
「グラスを重ねてるシーン」の方が多いん(笑)
 

ミッキー・ローク演じるヘンリーは作家なんな。
で、ぽちぽち書いては酒場に行ってみんなでワイワイしながら酒飲んで、んで町をぶらぶらして、で、今度はどこ行くんかなって見てたら酒屋に行って酒買って、また家でちょいちょい作家らしいことをして、んで買ってきた酒飲んで、そろそろ寝たかなって思ったらまた酒場に行って・・・内容の半分くらいがそんな感じの映画(笑) だからタイトルこそ「バーフライ」ってカッコイイのついてるけど、内容からしたら「酒飲みヘンリーの日々」て感じだよ。

そんなこんなで今回のミッキー・ロークの役回りは漂うように生きている役なんだけど変にかっこつけてるってワケでもなく、どこにでもいる酔っ払いっぽい雰囲気をうまく出していると思いました。結構一生懸命だったり、苦しむ役回りより、こういう何気ない雰囲気って難しいけど、彼はうまいね。またフェイ・ダナウェイ扮するワンダとの関係もしっかり描かれていて、気持ちいい温度感のある作品。

映画みていつもアレコレ考えてしまうおれだけど、この作品はソファーに寝そべってジャックダニエルなんぞを舐めながら、ヘンリー達と一緒に笑いながら楽しむのが気持ちいい。ミッキー・ロークって言ったら「ランブルフィッシュ」「エンゼルハート」、最近だったら「レスラー」とかもいい作品だけど、この映画のミッキー・ロークの雰囲気も凄くいいよ。


Ryan Adams - The Bar is a Beautiful Place
この曲の私訳は、こちら


写真の真ん中が原作と脚本のブコウスキー

コメントの投稿

非公開コメント

ミッキーローク、個人的にも不思議な男性像で引き付けられるキャラですね。

この作品はしらなかったです。

私が知っているのはナインハーフとエンゼルハート・・・あれ?2つ・・・??
位・・・なのかなぁ・・・。もっと知ってると思ったんだけど。
あぁ、でもCMに一杯でてたからなぁ。あの時。
特にお酒のCM。

上記のパーセンテージ、めちゃ笑いましたw
確かにお酒と女とっていうイメージが抜けませんね♪

未だに納得いかないのがエンゼルハートw
あれって、結局、自分が悪魔に魂売って、自分が犯人だったっていうオチなんですよねぇ~。(中学位だったと思うからよく覚えてないんだけど、そこらへんのホラーと一緒感覚でしか見てなかったので、内容がイマイチ覚えてないww)

ミッキー・ローク、若い時は若い時でよかったけど、今も結構、いい感じ。ただ男前の基準が昔は表面に出てたけど、今は内面から出てるって感じかも。

そういえば「レスラー」の授賞式の時の話って知ってる?ミッキーがスピーチでさ「お金が無くなると、みんな居なくなった。家もなくなって、嫁さんも出て行って、でも最後までおれと居てくれたのは、この犬だけなんだ。だからこの犬に礼を言いたい」って言ったら会場の人、笑ったって話。なんかひどいよなぁ・・・。そこは拍手するとこだろうって思ったよ。

そんなこんながあるから今、頑張ってがんがん映画出てるんだろうけど、ホント頑張ってほしい人だなぁ。スターロンの「追撃者」で一緒に出てたから、あぁ仲いいのかなぁ~って思ってたら、「エクスペンダブルズ」(←筋肉映画ね)にも出てるんだよね。いいことです!

>エンゼルハート

そーそー。別の意識を持っていた、もう一人の自分が、デ・ニーロが探していた人物だったってこと。

この頃って、こういう風な雰囲気の映画他になかったから、やたら怖かった印象があった。でも、今、観返すと結構話も練られてて、昔観た時よりおもしろいなって思った。

そういや、ウイスキーのCMも暫くずっと、出てたよね。なんか伊達男って感じがグーでした^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。