スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさな ちいさな 王様


 
「ちいさな ちいさな 王様」

「どうして知識を得るにつけ、可能性が失われていくんだ?」十二月王二世
 
お気に入りの本が何冊かある。
そんな中の一冊が「ちいさな ちいさな 王様」。
本の表紙や挿絵は映画「アメリ」の美術を担当したミヒャエル・ゾー ヴァが担当。この本は大人向けの絵本とかって紹介されているけれど、絵本というには絵は少なく「挿絵が時折入ってる中篇小説」て感じ。ページ数も109ページでサクっと読み終えることが出来ます。

話の内容はある日、人差し指くらいの大きさの王様が主人公のところへやってくるところからはじまるのだけど、その王様の世界では生まれた時から人は成人していて、世の中の全ての事柄を知っている存在なのだ。彼等は月日と共に縮み、物事を忘れ、やがてどんどんどんどん小さくなった彼等はいつか見えなくなってしまう・・・ そんな世界から彼、十二月王二世はやってきた。

彼の大好物は熊のかたちをしたグミキャンディ。
元々が小さい彼は自分の背丈ほどの グミを齧りながらおれ達の世界のことをアレコレ聞いてくるんだけど、そこは小さくても王様。尊大なんだよ、話し方が。んで、また答えに困るような痛いとこ を突いてくるもんだから時々王様を指でピーンって弾いたろかって思うことがあったけど、サイズがサイズなので許してしまったりします。
 
この話がいいなって思う点はいくつもあるけれど、一番惹かれるのは主人公がとてもニュート ラルな存在として書かれているってこと。別に特別な能力があるわけでも、頭の回転が速いわけでも、お金持ちというわけでもなく、極々普通の「日曜日の夜に憂鬱を感じるタイプ」として書かれている。だから彼と王様との会話はそのまま王様と自分が話しているような気になる。

そして主人 公と王様とのやり取りを読んでいるうちに「もしかしたらおれは今まで、自分を納得させる為の言い訳を探していたんじゃないのか?」そんなことをおれは感じた。こんな風に書けば説教っぽい内容の本なんかな・・・って思うかもしんないけど、文章は平易でとても読みやすく、決して説教がましくない。それどころか寧ろ「いつもの日常」に子供じみた空想をまぶした話がそのほとんどだ。だけどこの本の中にある話みたいに、少し気持ちの持ち方を変えることで、いつもより気持ちがふわりとするならば、それはそれでいいのだとおれは思う。

読んだあといつもより少しだけ明日に向かう足取りが軽くなる。
そんな一冊。
 

コメントの投稿

非公開コメント

う~ん。

私には無い感性ですね。常々勉強になります。

というか太郎節・・・ウチは好きですねぇ~♪

結構タロさんと会話してると考えさせられる様な深い話が出来るところがいいです。

この本、所持はしてませんが、また読みたくなりました。

タロ~ 来てみたぁ  (/  ̄▽)/<<

すごいじゃん 太郎ブログ!
引き込まれる様に 読ませてもらった
王様の本 読みたくなったじょ

おいらもブックオフに探しにいこっと・・・・。

実は・・・
私、、
こちらの記事あまり読んでませ~~~ん!!

というのも、折角だから
「ちっこい、ちっさい、みくろな王様」だっけ・・?
読んでみようかなと。

なんで、途中からこちらの記事は読んでません!

小説の類は全くというほど、読まないのですが、
絵本なら・・
漢字・・
ふりがな・・ あるかな・・

なかなか自発的に文章を読む なんて事しないので、良い機会だと思うから、 読ん・・・ 
ぃぁ、見てみることにします^-^

私のlatestは、羅生門です!!!
現国の教科書に載ってたっけか・・・・・・・・

●Esysさんへ

うーん、深いっていうか、ただの考えすぎなのかもしれないなぁ~って思うことあります ><

ただ職場の年齢層が結構バラついているってことが、いい刺激になってんなぁとは思ったりするん。それだけに時にはぶつかることもあるけど、それはそれでいいのだ^^b

-------------------------------------------------

●Qへ

えへへ、ありがとう^^
だけど文章を纏めるのは難しいなって今回ブログはじめてみて思った。実際書き始めるとどんどんどんどん量が増えていって、結果として纏まりに欠けてたり、何を書こうとしてたんだっけ?ってことになったりする。

こればっかりは数をこなさないと覚えないと思うから、ぼちぼち続けていこっかなぁ~って思ってる^^ノ

-------------------------------------------------

●うさ へ

おっとこっちではUsaってなってるw
ふーん、小説ってまず読まないんかぁ、でもよくそういう人っているけど、結局は小説が苦手とか嫌いっていうより、ただそこまで夢中になれる作品にあってないだけなんじゃないかなって、おれは思うよ?

だって、考えてみ?
はじめて入ったお店でおいしいトンカツ定食食べたら「また食べたいな」「またあの店行こう」って思うだろうけど、それが本気(←マジと読んで)でおいしくなかったら「二度と行きたくない」って思うじゃん?そういうもんだよ。

だけど羅生門(らしょうもん)、読めたんなら振り仮名なくても大丈夫やんw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。